片岡篤史の現役時代の活躍は?打撃(バッティング)フォームが独特だった件!

スポンサードリンク

<画像引用元:www.excite.co.jp>

こんにちは、このサイト管理人AKIです!

今回ご紹介するのは

あのコロナに罹ったことを

自身の手掛けるYouTubeチャンネル内で

告白されたプロ野球OBの

片岡篤史さんです!!

コロナに罹られたときの片岡篤史さんの姿は

ご自身も仰っていたように

死を意識せざるを得なかったほど

元気な姿を再び見ることが出来るのか、

私も不安でした。

ですが、見事コロナに打ち勝ち

メディアに元気な姿を拝見したときは

ホッとしました。

今夜は新型コロナ感染の真相や実体験を

メディア初告白ということで

コロナに罹られた時の心境等を

詳しくお話くださると思いますので

しっかりチェックしたいと思います!

さて、その片岡篤史さんの

高校球児時代から現役時代、

そして現在を詳しく

見ていきたいと思います!

片岡篤史のプロフィール!

<画像引用元:www.excite.co.jp>

読み:かたおか あつし

生年月日:1969年6月27日(51歳)

出身地:京都府久世郡久御山町

身長:188㎝

<選手情報>

投球・打席:右投左打

守備ポジション:三塁手/一塁手

プロ初出場:1992年4月4日

プロ最終出場:2006年10月12日

甲子園名門校のPL学園卒だが立浪和義の働きかけで今がある?

<画像引用元:www.asahi.com>

高校時代から身体が大きかった片岡篤史さん。

シニアリーグでは「京都の怪物」との

異名をとるほどの

強打者として有名でした。

しかし、要領の悪さがたたり、

寮生活の中では同年の中で

貧乏くじを引くことが多かったようで、

同期の立浪和義さんは片岡さんのことを

心配していたほど。

かつ、高校2年の秋の大会では

レギュラーを獲ったものの、

バッティングには安定感がなく、

左打者である片岡さんは

相手チームのエースが左投手だと

スタメンから外されてしまい

悩んでいたといいます。

当然プロの選手でも右/左投げで

苦手意識はあると思いますが

だからといってスタメンが毎回

コロコロ変わることは、あまりありません。

そんな状況下で、

大一番で出番がないのが片岡篤史さんの課題でした。

立浪和義さんはこの片岡篤史さんと

寮の部屋で同じになり、

秋が深まり寒さも厳しくなった時期に

「悩むくらいなら毎朝一緒に

落ち葉掃きをしないか!」と

立浪さんが提案され、毎朝5時半に起きて

約一時間ほどグラウンド周りを

掃除したといいます。

冬ですから朝と言ってもまだ暗いし、

寒くて起きることも

さぞ辛いことだったと思います。

立浪さん曰く

「晴れやかな気持ちで

一日が始まる快感を知ると、

最初の眠気にさえ勝てば、

むしろ楽しみになる」と感ずる位になり、

落ち葉がとうとう落ちなくなる時期まで

続けられたといいます。

この落ち葉掃きの成果かどうかは定かではありませんが、

春になってバッティングの調子はめきめきと良くなり、

片岡篤史さんは不動のレギュラーとなったのです!

グラウンドの神様を味方につけたのかも知れませんね!

成績としては1987年春の第59回選抜と

同年夏の第69回全国選手権で

4番打者として優勝を果たし、

甲子園史上4校目となる春夏連覇を達成。

そんなPL学園の同期に立浪和義さん・

橋本清さん・野村弘さん、

1学年下には大学でも後輩となる宮本慎也さん、

2学年上には清原和博さん・桑田真澄さんのKKコンビ。

なんと、片岡さんは清原さんの付き人でした。

プロ野球選手が多いという、

本当に流石名門のPL学園ですね。

高校卒業後は同志社大学に進学されます。

関西学生野球リーグでは1989年の

春季リーグで首位打者になり、

1990年秋季リーグでは7年ぶりの

優勝を飾るのです。

かつ同年の明治神宮鎮座70年記念

明治神宮野球大会でも決勝で

立教大学を延長12回の熱戦で降し

優勝します。

リーグ戦通算91試合出場、311打数100安打、

打率.322、10本塁打、48打点。

ベストナイン4度受賞するという大活躍ぶりですね!

そして、1991年度ドラフト会議にて

日本ハムファイターズから

2位指名を受けて入団することに

なるのです。

片岡篤史の日ハム時代の成績は?

<画像引用元:over21notenki.blog54.fc2.com>

1992年4月4日の西武ライオンズ戦で

7番サードでプロ初出場し、

この試合でプロ初安打を放ちました。

更に4日後の近鉄バファローズ戦では

プロ初本塁打を放ちます。

1年目からレギュラーとして出場し、

125試合で打率.290、10本塁打をマークし、

規定打席にも到達するなど活躍しました。

新人王は譲る形になってしまいましたが、

その活躍から特別表彰を受けています

1993年はオールスターゲームに初めて選出。

1996年はこれまでの不振を一掃する活躍を見せ、

自身初の3割となるリーグ二位の打率

.315を記録(自己最高打率)し、

15本塁打をマークします

1998年は、前年同様17本塁打をマーク。

また2年ぶりの打率3割と最多四球を記録し、

最高出塁率のタイトルを獲得しました。

2000年4月2日の西武戦でソロ本塁打を放ち、

プロ通算100本塁打を達成。

同年5月31日の福岡ダイエーホークス戦で

1000試合出場を達成

6月13日の近鉄戦では1000本安打を達成

同年は節目だらけの年となり、

打率.290で自己最多の21本塁打、

97打点をマークした他、

2年ぶりに最多四球を記録しました。

また、1997年から2000年まで4年連続で

オールスターゲームに選出されました。

2001年はシーズンオフにFA宣言し、

12月21日阪神タイガースへ移籍

このオフに結婚。

奥様は当時大学4年生だったそうです。

また、日本ハム時代は、選手会長として

チームを引っ張る立場でした。

・・・余談ですが、選手会長をすると

FAする確率高いと思ってしまうのは、管理人が

西武ファンならではなのでしょうか?

スポンサードリンク

片岡篤史の阪神時代の成績は?

<画像引用元:dot.asahi.com>

2002年は2年ぶりにオールスターゲームに選出。

しかし、シーズンではセ・リーグの

バッテリーの配球に苦しみ、

120試合に出場して規定打席には

到達するものの打率は.228、11本塁打、

46打点と不本意な成績で終わってしまいます。

翌2003年には規定打席には到達しなかったものの

勝負強い打撃で復活し、

阪神のリーグ優勝に貢献した活躍を見せます。

110試合の出場で打率.296、12本塁打、

55打点の成績を残しました。

12本塁打は阪神移籍後最多の数でした。

2004年は出場機会を確保できず

46試合の出場にとどまり、打率も.205と不振。

2005年もレギュラーでの起用はなく、

代打で6打席連続ヒットを記録するなど、

ここぞという時の切り札として活躍しました。

しかし、チーム自体は2年ぶりに

リーグ優勝したものの、片岡さんからすると

全体では50試合の出場で前年同様

低調な成績で終わります。

2006年は相次ぐ故障から

50試合の出場に留まった上、

本塁打がわずか1本にとどまり

打率も1割台と打撃不振に陥り、

終盤に戦力外通告を受けてしまいます。

そして、体力的な限界もあったことから

この年をもって現役を引退となります。

引退試合は10月12日の中日ドラゴンズ戦で、

6番サードでスタメン出場でした。

この試合で盟友の立浪和義さん守る

レフトオーバーの二塁打を放ち、まさに

有終の美を飾ったのです。

引退セレモニーでは立浪さんから

花束を贈呈され、

熱く抱擁を交わされました

まさに感動的でしたね!

<画像引用元:blog.livedoor.jp、blog.goo.ne.jp>

引退試合なしに引退される選手もいますので、

本当に良い現役時代の

幕を降ろされたと思います。

現役引退後から現在は?

<画像引用元:news.yahoo.co.jp>

コーチ歴は阪神タイガースにて 2010年~ 2012年,

2016年~ 2018年と2回経験されています。

コーチに携わっていない時はフジテレビ・

関西テレビの野球解説者、

スポーツニッポンの野球評論家に

就任されています。

また、日本ハムOBということで、

『STVアタックナイター・ファイターズスタジアム』

(STVラジオ)解説者として

北海道のラジオでも解説を担当されています。

そう、今やこの片岡篤史さんも

立派なYouTuberなんですよね!!

実績もあるし、球界事情も詳しいし、

何より記憶力もすごいし話の引き出し方も上手だし、

自分が一歩後ろに下がって話聞くのがすごく上手。

元プロ野球選手のYouTubeチャンネルで

一番ためになる」と評判です!

ですから、コロナに罹られた時は衝撃的でしたし、

無事に治ることを願っていたファンや

球界の方々は多かったんですよね。

なので、復帰された時は本当に安心しました!

是非、これからも元気で発信してくださいね!!

やっぱり片岡篤史と言えば独特の打撃フォーム!!

<画像引用元:column.sp.baseball.findfriends.jp>

これは有名な松坂大輔投手との初対戦の

動画でよく使われていますが、

この独特なフォームですね。

このフォームで管理人は

片岡選手を覚えたものですよ。

フォームってド素人の意見ですけれど、

きっと自身が一番結果を出せるものということで

開発し続けているものだと思います!

だから、ご自身で見いだせている方は

尊敬ですよね・・・!

このページのまとめ!

・片岡篤史は1969年6月27日生まれの50歳で

 京都府久世郡久御山町の出身。

・高校は甲子園名門校のPL学園

・1991年度ドラフト会議にて

 日本ハムファイターズから2位指名を

 受けて入団

・2001年はシーズンオフにFA宣言し、

 12月21日阪神タイガースへ移籍、

 2006年10月戦力外通告を受けたことが

 きっかけで体力的からも限界が生じ、現役引退。

・現役引退後はコーチ業と野球解説者として

 活躍、2019年からはYouTuberとなり活躍中!

改めて片岡篤史さんのYouTubeチャンネルの

内容を見て思ったことは、

30代後半以降のプロ野球ファンなら

凄く興味深い内容だと思います!

これからもプロ野球界の楽しく

為になる情報をお願いいたします!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク