荒井健治がアイスをウマくする技や食べ合わせを紹介【マツコの知らない世界】

スポンサードリンク

<画像引用元:www.f-its.co.jp>

こんにちは、このサイト管理人AKIです!

7月7日火曜日放送、TBS系列20時57分より開始の

「マツコの知らない世界」では、

【アイスの世界!極上の食べ頃が分かる魔法の法則発見!】

ということで、4万5千個以上のアイスを食べた男

荒井健治さんが出演されます!

こちらの荒井健治さん、1歳1ヶ月からアイスを食べ始めた

ということですが、いかにも食べてます!って感じの体型ではないですよね。

管理人なら毎日アイス6個なんていったら、スグに体型に出ますよ(涙)

普段食べているアイスを美味しく食べる「魔法の法則」や

アレンジアイス等を紹介してくださいます!

ここまでの文章でもアイスを愛してやまない方であることは

間違いないのですが、

より詳しく荒井健治さんについて調査していきたいと思います!

荒井健治のプロフィール!

<画像引用元:kalafina-fc-harmony.jp>

荒井 健治(あらい けんじ)

生年月日:1984年8月2日(35歳)

出身地:東京都練馬区

出身校:専修大学経済学部経済学科

職業:日本の実業家

株式会社スリースマイル代表取締役社長

日本唯一のグルメアイス研究家としても活動。

荒井健治は最初お笑い芸人を目指していた!

<画像引用元:www.goooodliiiife.com>

荒井健治さんは、1998年 に放送されていたフジテレビ『笑う犬の生活』の影響を受け、

当時の番組プロデューサーである吉田正樹さんと一緒に仕事がしたいという思いが

募ったため、お笑い芸人の道へと高校2年生から足を踏み入れたということです。

プロデューサーと一緒に仕事がしたいですか・・・

しかも、高校1年でこういうことを着眼するんですね。

そして2007年に大手芸能プロダクション入社しお笑い芸人になったのですが、

肝心の憧れのプロデューサー吉田正樹さんとは出会うことが出来なかったのです。

そこで、地理・歴史科/公民科の教員免許を取得するも、大学卒業後は就職試験で

渡辺プロダクショングループの入社試験を受けて、2008年に内定し、入社します。

2009年、入社当初はスクール事業部に広報として配属。

2010年にで役職が班長になるものの吉田正樹さんと出会えず、

仕事がしたいという思いが募ります。

2013年8月1日 – 『日本の商売を笑売に変える』をコンセプトにした

株式会社スリースマイルを設立し、同社の代表取締役に就任します。

さらに、2017年に日本初の辛口アイスジャーナリストとしてデビューし、

2019年にinstagramの月間インプレッション総数400万回以上

(2019年4月調べ:※4,181,606回)獲得されます!

凄い数ですね!

数の通り、載せている内容がアイスについてですが、大変興味深い内容の

ものである証ということですよね!

荒井健治はどれだけアイスを食べてきたの?

<画像引用元:angelnews.net>

冒頭でも紹介しました通り、荒井健治さんが初めてアイスクリームを食べたのは

“1歳1ヶ月”だったそうで、ご本人曰く証拠写真があるということです。

今では毎日最低6個、人生で42,000個以上ものアイスを食べた記録を保持する

「アイスマニア」であり、日本一アイスを愛するスーパーアイスマンと称されてます。

2017年から「日本初の辛口アイスジャーナリスト」として活動を開始。

その後多数のメディアに出演されています。

株式会社不二家フードサービスで期間限定のメニュー開発から、

株式会社タカラトミーアーツのクッキングトイのレシピ監修まで多岐にわたって

活動していらっしゃる他、企業同士のコラボ企画やタイアップの期間限定イベントでは、

集客設計のプランニングなども手がけているとのことです!

こうして見ると、荒井健治さんの根源は「無いものを作ること」が好きな方なのだと

思います。

荒井健治さんお勧めアイスの食べ頃とは?

<画像引用元:sizzlelab.officialsite.co>

番組紹介時からの引用ですが・・・

推測ですが、どうやら荒井健治さんは完璧に溶けきる前に食べる感じが

「食感MAX」のようですね。

マツコさんが「フニャフニャしている」と言ってましたが。

食べ頃のアイスの温度はここで紹介されています。↓

https://joshi-spa.jp/882575

アイスの食べ頃は-7℃なんだそうです。

ハーゲンダッツを食べる際、食べる前の1時間前から冷凍庫から冷蔵庫に移すと、

-7℃くらいになるそうで、ちょうどソフトクリームくらいの温度になり、

食感や味も良いのだとか。

ただ、1時間もかかるので、そんなに待てない!という方のために、

裏技も掲載されていますのでご確認くださいね!

確か、以前ハーゲンダッツのCMでも、

「食べる際はすぐ冷凍庫から出して食べないで、

真ん中部分がスプーンが入るくらいが食べ頃」なんていうことを聞き、

管理人はその通りに食べています!

室温で10分ほどでいけるのではと思いますが。

夏場はもっと早いですよね!

ただ、いくら荒井健治さんが「食べ頃の温度はこれですよ~!」と言っても、

カチカチで食べたい派も居るのも事実なんですよね。

それは我が家の旦那と子供たちです(笑)

何でカチカチが良いのかと言うと、

「カチカチの食感と、食べていくにつれ溶けていくから

両方味わえる」んだとか(笑)

ちなみに、この記事をご覧下さっている方は少し溶かしてから食べる派?

カチカチ派?どちらですか?

スポンサードリンク

荒井健治アイスジャーナリストが生んだ異色の組み合わせはコレ!

①雪見だいふくとカップヌードルカレーを掛け合わせた雪見カレーヌードル

URLはコチラ→https://az-news.yojipapa.com/icecarrynoodle-31594

②食べるミルクスープカリー

③マックシェイク森永ラムネのフライングレシピ

④飲めるチーズケーキ【極生チーズケーキ】

⑤エッセルチーズフレンチトースト

⑥バスクチーズケーキ

以上、シズリーナさん(荒井健治さん同一)としてのツイッターから

管理人が興味が湧いた内容を引用しました!

この他にも、牛丼冷やし中華オンザバニラアイスがありましたよ!

甘辛い味になるのかな…と思いますが。

この他にも番組内で面白い(!)組み合わせを

ご紹介してくださることを期待しています!

このページのまとめ!

荒井 健治は1984年8月2日生まれの35歳、東京都練馬区出身。

株式会社スリースマイル代表取締役社長

 日本唯一のグルメアイス研究家としても活動

・アイスクリームの食べ頃の温度は-7℃

荒井 健治が生み出したアイスの組み合わせは

カップヌードル、パン、ラムネ等様々である

今現在7月上旬な訳でして、これからが夏本番を迎えます。

暑いときにはやはり冷たい物。

食べ過ぎは勿論いけませんが、上手くアイスクリームとの

付き合いをこの番組で知ることが出来たらと思います!

また、荒井健治さんのアイスに対する思いから、

一般人が想像出来ない組み合わせもこれから沢山出されることを

願っております!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク