石山蓮華はグラビア出す程、電線を愛す事で物の見方を変え生き方が楽になった件

<画像引用元:nehohaho.com>

こんばんは、このサイト管理人AKIです!

今夜の日本テレビ系23時30分からの有吉反省会では、

電線が好きすぎる元ZIP!メンバーの美人タレント

石山蓮華さんが反省人として出演されますよ!

内容の一部が

【電線グラビアに電線写真…理解不能な世界観に我慢できず有吉も暴走!?】

ということですが、電線グラビアって何ですか?

そちらについては、後ほどご紹介したいと思います!

まずは、石山蓮華さんについて調査開始といってみましょう!

石山蓮華のプロフィール!

<画像引用元:it-toranoana.com>

読み:いしやま れんげ

「蓮華」という名前は、父親がレゲエ好きだったことに由来。

生年月日:1992年10月22日(27歳)

出身地:埼玉県

血液型:O型

身長:161㎝

特技:新体操・ダンス・ホーミー

出身校:<中学校>さいたま市立田島中学校

    <高校>埼玉県立浦和東高等学校

    <大学>武蔵大学社会学部

所属事務所:アミューズ

職業:女優

活動期間:2004年~

『ちゃお』(小学館)誌上の「ニーナをさがせ!!モデルオーディション2003」にて、審査員特別賞を受賞。

その時の写真がこちらです!

<画像引用元:angelnews.net>

笑顔が可愛いですね!

合気道の道義を着ているのが謎・・・と

石山蓮華さんは仰ってますが

一番この姿が自分らしいと思ったのでしょう。と

勝手に推測です!

石山蓮華が電線やケーブルにのめり込んだ理由って?

<画像引用元:woman-type.jp>

ツイッターやInstagramにはご自身の愛好する電線、ケーブル、配線の画像を多数

掲載している石山蓮華さん。

ところで、何故電線やケーブルにのめり込んでしまったのでしょう?

それは、小学3年生の時に、石山さんのお父様の会社がある赤羽に遊びに行って、

その場所がすごく電線が多かったそうです。それを見て、形が面白いなと思ったと

いうことが最初だと言います。

さらに、もっと過去を辿ると5歳の頃に『もののけ姫』を観た時、冒頭に出てくる

タタリ神のシルエットに衝撃を受けたそうです。そのグロテスクな感じと電線が

リンクしたんですとはご本人の弁。

あとは『クーロンズ・ゲート』というゲームに出てくる水銀屋というキャラクターが全身を

電線でつながれているようなビジュアルで好きなのだそう。

そして『新世紀エヴァンゲリオン』や『攻殻機動隊』など、生き物に何かしら線状のものが

くっついているデザインになぜか惹かれるとも。

SF漫画『11人いる!』を読んでいる中で、日常生活の中で一番身近な“ SF 的なもの”が、

電線だったんじゃないかと分析されています。

あと、電線って誰かによって意図的にカタチをデザインされたものではないため、

一見するとグチャグチャしているし、とてもカオス的側面があることも仰ってます。

そこで「よく観察していると、一つ一つ表情が違って見えるのも面白い。柔らかい曲線を

描いているものもあれば、電線の被覆の外側のテクスチャーもサラッとしていたり

ツヤがあったり。そういうところに「用の美」を感じるんです。」ということから、

石山蓮華さんの電線好きに繋がったとのことですよ!

また、電線にたっぷり愛情をかけても「重い」と思われたり、

「課金」しなくて済んだり、「見返りを求めなくて済む」

「好き過ぎても嫌がらない」というところもポイントなんだそうです。

これは良いですね(笑)

確かに愛情にかけるのに対象が人ですと、同等なくらいに

求めてしまい、重たく感じられたら元も子もないですからね。

良いところに着眼されたのではないでしょうか!

そして、好きが高じて電線Tシャツや電線DVD、さらには電線グラビアまで

制作するほどのハマりっぷりとなったのです!

電線を好きになったことで生きることが楽になった、その訳は?

<画像引用元:trend.pedia-jp.com>

石山蓮華さんは、他の女の子がどう振る舞っているのか、周りの大人に何を期待されているの

か、結構気にしていたようです。

ですが、「電線好き」を公言するようになったところ、かなり生きやすくなったようです。

それはどういうことなのか?

その理由はコチラになります。↓

同じ価値観を持った人ともつながりやすくなりますし、人間関係もだいぶ楽になりますよ。自分のことをちゃんと好きになってくれる人が、周りに集まってくるという意味で。

“常識らしきもの”に無理に自分をあわせて変えるのではなく、そのままの自分を出すことで楽になれたっていうのは、私的には大発見。それが、好きなものを語ることで得た一番のプラス効果だと思います。

ということです!

凄く良い結果で、管理人も自己分析がよく出来ている方なんだなと思いました!

自分を押し殺して周りに合せっぱなしでは、毎日つまらないし疲れるだけですからね。

スポンサードリンク

石山蓮華の電線グラビアはこういうことを指す

<画像引用元:deview.co.jp>

確かにグラビアで繋がれている。

こういう写真にされたのは先述したとおり

新世紀エヴァンゲリオン』や『攻殻機動隊』など、生き物に何かしら線状のものが

くっついているデザインになぜか惹かれているから、だと思います。

しかし、このセット大変そうですね・・・

だから見る方の衝撃はすごいと思いますけれど。

このページのまとめ!

・石山蓮華は1992年10月22日生まれ。埼玉県出身。

・石山蓮華のツイッターやInstagramには愛好する電線、ケーブル、配線の画像を

 多数掲載。

・電線Tシャツや電線DVD、さらには電線グラビアまで制作するほどのハマりっぷり

・「電線好き」を公言するようになったところ、かなり生きやすくなった

以上となります!

また、石山蓮華さんは

「芸能事務所に入った子供の頃から大人になった今まで、芸能の仕事に対してどこか及び腰でいるような気もする。
好きだし楽しいからやってるのだけれど、心の中ではいまだ芸能の人に対しても芸能の仕事に対してもおっかなびっくりというか、落ち着かない気分が消えない」

ということです。

ただ、そんな悩みは電線達が自分自身とはこんな感じなんだ、こんな具合なんだ、

と生き方を見いだせているので、自分に自信を持てれば良いのでは無いのかと

思っております。感想は簡単なのですが・・・

さらに、石山蓮華さんは電線のバーターとして、電線の良さを伝えていらっしゃいます。

ただ電線の良さだけではなく、「ものの見方」を少し変えるだけで楽しくなることを

伝えることも大事にされていらっしゃいます。

どういうことかと言えば、物の見方さえ変えたら、生きていくうえで嫌なことがあっても

実は面白くなることがあり得るかも知れないのです。

「見方を変えると面白い」

今後の石山蓮華さんの活躍に期待しております!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク